1万即日!5万即日!10万即日!いくらでも即日融資

カードローン、クレジットカードなどでもお金を借りることができますが、もうすでに借りているなんて状況だと難しいことも。

ほんの5万円くらいでいいから今すぐ現金が必要なのに…と困っていたら安全安心で即日融資、総量規制も関係ないところがあると最高ですよね。

勢いで会社を辞めたらお金が無くなったけど、どうにかなった話

20代のころ、勤めていた会社を勢いで退社した後に、生活費や国保のお金、お小遣いなどに困りました。

  • 車をローンで購入していたため、ローンを返済できなくなりました
  • 国民健康保険のお金が払えなくなりました
  • 趣味に使えるお金が無くなってしまいました

会社を辞めていたため、自由な時間はたくさんあるのですが、収入がなくなってしまったので、使えるお金が無くなってしまい、遊びにも行けなくなってしまいました。

そのため、家でただ寝ていたため、軽くうつ状態になりました。

テレビを見ていても、コマーシャルでやっている物などは何も買えないため、ストレスがたまりました。社会から疎外された感が強くなり、楽しいことは何もなく、日々鬱々としていて、何も楽しいことがありませんでした。

いくら無職と言えど、お金がないのは精神衛生上よろしくない

借金をしたことで、お金を得、その時は気が楽になりました。

暇を持て余すこともなくなったため、いろいろと出かけて趣味などの活動をすることができたので、精神衛生上はよくなったと思います。

お医者にも継続して通うことができるようになりましたので、健康を害することもなくなりました。

車で出かけるにしても、ガソリン代やら有料道路代やらいろいろと掛かります。お金を得たことで、それらのことで困ることもなくなりました。

もし借金してなかったら持病悪化の危機に

持病があり、お医者さんのお世話にならないと生きていけない体だったので、お金がなかったらきっと健康を害していたと思います。

国民健康保険にも加入しなければなりませんでしたので、薬がもらえなくなってしまったと思います。

また、日々暇を持て余していたため、悪事に手を染めることはなかったとしても、精神的におかしくなって家族や友人、または社会に対して迷惑をかけていたと思います。

借金はそれほど難しくない

お金を借りることについての抵抗はあまりありませんでした。

「借りたお金は、返せばいい」と思っていたからです。

この世の中に借金というものがあり、お金を貸してくれる人がいる以上、その人の力を借りることに関しては、特に抵抗はありませんでした。

無人契約機などもありますので、現代ではお金を借りることはそんなに難しいことではなく、心理的な障壁も低いのではと思います。

借金に救われた生活

借金をして、返済し終わるまでは15年くらいかかりましたが、その後また会社に勤め始め、少しずつ借金を返していくことで何とか完済できました。

借金をせずに、お金がなかったら、健康を害していたのではないかと思います。

持病が悪化したり、または精神的に追いやられてしまってうつ病になるなどの精神障害が出ていたのではないかと思うと、あの時お金を借りるという選択肢を選んだことに悔いはなく、むしろその後の生活水準を維持するためには必要不可欠であったと思います。

今後借金をする予定はありませんが、もし借金をしなくてはならない時があったら、また借金をすると思います。

借金ってあまり良いイメージがないけど、実はそんなことない

借金ができるうちは借金をすることも選択肢のうちで、またお金があるときに返せばいいのではないでしょうか?

と伝えると思います。借金を返せる当てが今はなくとも、そのうちお金回りがよくなってあっさりと返せる人もいるといいますので、苦しいときはとにかく楽になるということが必要だと思うと伝えます。

お金がない状態で、鬱々と過ごすよりは、手っ取り早くお金を得て、精神的に楽になろうよ!なんて伝えるのではないかと思います。

借金を返すに当たり、生活のリズムやパターンを大きく見直しました。

お金がかかる割に充実感のない趣味などは、辞めてしまいました。

新たに勤めた会社が、忙しい会社だったので、あまりお金を使う機会がなくなったのも大きいと思います。

そして、お金が手に入ったら、毎月の返済額よりも少し多めに返済し、とにかく残高を減らし、帳面上の数字を小さくしていくことが大切だと思います。

お金を返済しすぎて、足りなくなってしまったら、「また借りればいい」と気楽に考えてとにかく毎月の返済額より多く返すことを勧めます。

不思議とまた借りることにはならないものです。

このページの先頭へ