キャッシング審査にどうしても通らない

主人がキャッシングの審査に落ちました。

先月賃貸マンションの審査の際にも別の審査に落ちました。

考えられる理由を教えてください。

27歳・1部上場企業のグループ会社勤続3年・年収650万。

今までにローン等はしたことがありません。

今回は結婚資金不足分の為に200万のお願いをしました。

今回の審査落ちが、価格が大きすぎたのか、新居に越して1ヶ月くらいだからなのか、とも思うんですがその前に賃貸保証の審査でのジャッ○スでも落ちたので主人がこれからも通らないのかと気にしています。

携帯電話と公共料金の支払い(コンビニ払い)を遅れてしまった事があるのと私の親が自己破産の処理中です。

今回の審査でも配偶者の名前を書いてます。それが理由にあるんでしょうか?

また、この場合借入額を低くして何社からかという風にすれば借りられるのでしょうか?


年齢、勤続年数、年収、融資金使途、どれをとってもなぜ審査に落ちるのか疑問です。

キャッシングだからでしょうか・・。

それよりも何よりも、まずなぜ給与振込の銀行で融資の申込をされないんですか?

カード会社に融資を申し込んだという相談ですよね?

融資を受けるならまず銀行、金利の計算方法などから考えても銀行で借りるのが一番安全です。

それともこの質問は都銀のローンの事を言っているのですか?

たしかに、携帯や公共料金が送れるとグレー扱いになりますがすぐに消えます。

配偶者の親の審査まではしないと思うので親御さんの事は関係ないと思います。

一番考えられるのは他の方がおっしゃっているように、その方の名義で誰かが借りていたか、奥さんに秘密で借金があるか。

普通に考えてお断りするほどの融資ではありません。もういちどよく調べた方がいいですよ。

50万円を銀行で借りる条件と利子

50万円ほどお金が必要になりました。

銀行で借りるにはどのような条件が必要になるのでしょうか?

あと利子はどれだけかかるんでしょうか?

アコム等で借りると審査は銀行より緩い気がしますが利子が高そうなのであと国から無利子で50万円借りれるとインターネットに記載されていましたが仕事をしているのでダメかなと思っています。


消費者金融は年収の10%以内かつ他社通算で年収の30%以内との法的な規制があります。

つまり50万円借りるには原則年収500万円必要です。

だから新規にいきなり50万円は借りられないと考えて下さい。

銀行ローンも系列サラ金を保証人に指定しますから同じです。

必要な理由(目的)と支払い先等を銀行に開示して目的ローンを組むのが一番です。

場合により担保も必要です。

生活保護者の借入

現在生活保護を受給していて、就職が決まりました。

働き始めるのが3月1日からなのですが手持ちの金がなく、今すぐに消費者金融で4万ほど借りたいんですが、ケースワーカーに申告しなかったらどうなるでしょうか。

消費者金融に問い合わせて、生活保護受給中とは言うつもりです。

おそらく、消費者金融側の1回目の返済日だけは生活保護費で返済に当てる事になります。

ケースワーカーには保護受給中は消費者金融借り入れは禁止と言われています。

ちなみに社会保険加入します。


消費者金融の貸し付け条件は「働いていること」です。

だから3月1日にならないと貸してくれません。

サラ金は勤めている会社に電話して、社員にあなたがいるかを確認します。

そんなことはやめて社会福祉協議会からお金を借りればいいのです。

緊急小口資金なら最大10万円借りれます。

ただし、これは生活保護のケースワーカーの許可が必要です。

土地を担保に430万円の借金

現在消費者金融・信販系カードなどからお金を合計430万円借りてます。

事情があって急を要したので、借りたのですが返済するのに今の収入では不可能なので1社を返済するために、他で借りてというような事をしてしまい借金が雪だるまのように増えました。

両親が土地を購入してその名義を私にしてくれたため、この土地を担保に銀行からお金を借りることが出来るなら借金を1本にすれば金利などを考えてもすごく楽になるのではと思っています。

現在月々約28万円払ってます。

現在まではなんとか支払ってきましたがこの先絶対に払えなくなる前に何とかしたいのです。

月々15万円くらいなら返済していく事が可能なのでどうにかならないかと思ってます。


400~500万の融資を受けるには、単なるフリーローンでは高金利のところしか貸さないと思われますので、グロスでも損失を防ぐためには、不動産取引に絡めて別枠融資の道を開く方法が有望のような気がします。

本件では土地があるということなので、例えば、その土地にご自分の住む住宅を取得し、そのついでに現在の負債を減少されるような方法を探ります。

土地の贈与を受けているようなかたちにみえますので、これにより贈与税減少、後には住宅取得費控除等の可能性がみえ、今日銀行では不良債権化しないような住宅ローンの顧客獲得に熱心なようなので、諸相談にのってくれる可能性があります。

場合により、さらに建築代金の一部を割賦にしてもらい必要に応じて月額支払を繰り延べるというチャンネルも検討可能ですが、35年とかにならすと、月額10万以下になり家賃も不要となるのではないでしょうか。

以上にはあなたの信用情報がキレイであるのが原則ですが、そうでない場合も扱った例があります。

コメントを残す

このページの先頭へ