債務整理中でお金が必要なら無審査キャッシング!無職でもOK

あなたがどんな状況でもお金が必要なときは必要なわけです。

でもいくらお金が必要だからといって必ず借りれるとは限りません。

しかし、キャッシングブラックの人や債務整理中でも即日融資可能な消費者金融やそういった方法があるとしたら、最高だとおもいませんか?

お金がないということ苦しんだ日々

仕事を辞めた際に、次の仕事がなかなか決まらずに生活費が足りなくなり、以前作ってあったカードから借りたことがきっかけでした。

  • やはり一番困ったのは食費でした。
  • 一人暮らしだったので家賃や光熱費も困りました
  • その前の仕事で通院しており医療費もかかりました

当時特に頼れる人もいなかったので、お金を借りれるだけでもありがたかったのは覚えています。

また借金をしたときは20代前半の時でしたが、仕事の面接に行ってもなかなか採用されず、心境的にはきつく、はじめは10万円から借りたのがあっとゆうまに20万になり、不安な気持ちもありましたが、100万円借りたわけじゃないのでまだ大丈夫だと思っていました。

とにかく仕事が決まればなんとかなる、今は借りているが、これから頑張ればいいと思っていました。

お金を借りれたことで精神的にも安定した日々

お金を借りれたことで、今月の支払いはなんとかなることで精神的には安心感がありました。

食事の心配をすることがなくなったり、支払いをどうしようか考えることばかりでしたが、ハローワークに行ったり、履歴書を書いたりと、前を向いて考えられるようになったりもしましたが、逆に借金に対する抵抗がなくなったようにも今となっては思います。

限度額が50万円でしたが当時はまだ20万の利用額だったので、「あと30万もかりれるから大丈夫だ」と考えるようになったのは覚えています。

当時は親とも疎遠で、ほんとに頼れる人がいなく、今みたいにスマートフォンが普及している時代ではまだなかったので、情報が少なく、どうなっていたかはわかりませんが、もっと良くない事態になっていたとは思います。

生活費の補填で借りたのがきっかけだったので、家賃を滞納したり食べ物が買えなかったりと、どうしていいのかわからないことになっていたと思います。お金を借りる前は携帯電話も止まっていたので、ギリギリな状態だったと思います。

基本的な考え方としては、車のローンや分割で買い物をすることも借金だと考えていたので、お金を借りることもそれほど抵抗はなかったです。

金利は高いのはわかってはいますが、100万200万する車を買ったわけじゃないので、これぐらいの金額なら大丈夫だろうと思っていました。

仮に50万借りても月に1万5000円ずつ支払っていけばいいと考え、なんとか行けるだろうとかまだ大丈夫だとか、そんなことを思っていたと当時は思います。

もともと人にもお金を貸したりしないようにしていたので、まったく抵抗がなかったわけではないですが、やはり、今必要なことだと考え、お金を借りるに至りました。

初めて借りるにあたって少し怖い思いもありましたが、意外とすんなりと審査が通って拍子抜けしたような感じだったと思います。

のちのちにわかってくるのですが、借金に対して慣れていき、借金に対する抵抗がうすれていくような感じがありました。

借金は確かに苦しいけど生きるためには必要だった

必ずしも良かったことばかりではないですが、少なくても当時はお金を借りることができてよかったと思います。

家賃を滞納したりしてしまえば、保証人にも迷惑をかけてしまえますし、家賃を払えなかったら追い出されるんじゃないかと思ったりすることもありました。

あまり良くはないかもしれませんが、当時ほんとに困っていたからこそ、お金が借りれてほんとによかったと思ったことや、お金に対する価値が以前よりは大切に考えるきっかけになったとは思います。

ほんとに困っているなら、頭を下げてでも親に借りたりすることが一番だとは思いますが、なかなか周りに頼れるひとがいない方もいるとは思います。

結局は一人で解決しないといけないと考え、その場しのぎでも、お金をすぐに引き出せる環境を作っておくと、いざとなった時に役に立つと思います。

そして、なぜそのような事態に自分が陥ったのかをよく考えてまた同じことを繰り返さないようにすることが大切だと思います。良い経験ではないかもしれませんが、今後の人生の勉強にはなったと思います。

借金は生活の苦しさと返済の苦しさのバランスを考えて

無理のない返済計画をしていくことがいいと思います。

毎月の返済額が多いと精神的にもかなりしんどいと思います。

複数から借りているいるなら、一つにまとめて毎月の支払いを少しでも少なくすることや、金利が少しでも安い会社に乗り換えるのも検討してみるのも良いかと思います。

自分の場合は毎月の支払額はそれほど多くなかったので、遊びにいったり、買い物をしたり、特に我慢したりはしていないです。

たまには外食でおいしいものを食べたりすることでも、かなりストレス発散になっていたと思います。