アパート経営のための借金9000万円

お金を借りたいのですが。

地方公務員です。

よいアパートの売り物件があるのですが、地方公務員は副業が禁止と言うことで、5棟10室以上になると事業になるので、買うことはできないそうです。

ただ、管理はすべて管理会社にお願いしますし、妻もその仕事をするので、私の仕事に支障は出ないのですが、禁止のようです。

そこで、妻の名義で購入しようと思うのですが、なかなか融資が下りない状況です。

借入金額は9000万円です。

ちなみに妻はすでにアパートを持っており、それなりの収入があります。

私が借りれる方法でも、妻が借りれる方法でも良い方法があれば、教えてください。


あなたや奥さんの年収や負債などを明記しないと誰にも答えられないと思います。

銀行、信用組合と当たってみてはいかがでしょうか。

借金癖からの脱却

4年前から借金癖があり、ダラダラとキャッシングを繰り返してしまい、なかなか借入額が減りません。

現在、実家に暮らしていて毎月3万円の生活費を入れ、返済は月々65000円です。

親には今まで秘密にしてきましたが、どうしても借金癖が抜けないので、思い切って親に打ち明けて、肩代わりして欲しいと頼みました。

また、給料の管理を親に頼むことにしました。

給料からまず毎月の返済分と生活費を引いてもらい、食費・交通費・通信費等の必要経費をもらい、その他は内容にOKが出たら受取るということにしようと思っています。

社会人になってまで親にお金の管理をしてもらうのは恥かしいことですが、そうまでしないと私はダメなんです。

しばらく借り入れをしない生活をすれば、中毒みたいな状況から抜け出せるんじゃないかと思っているんですが、考えが甘いでしょうか。

また、親とはいえ自分を追い込みたいので、法的な借用書のようなものを作りたいのですが、そういったものはあるのでしょうか?


利子のことを考えて、誰かに頭を下げられるうちは、きっとまだ抜け出せます。

繰り返してはいけないですよ。

借金の怖いところは、おおいばりでお金を借りられて、「借りてやってるんだ。返してやってるんだ。」という勘違いが出来るところです。

個人相手では、そうはいきません。

「貸して頂いている。少しずつしか返せません。ごめんなさい。」そういう頭を下げていかなければいけないことが、借金癖のある人は、どうやら苦手のようです。

親御さんから、金銭的なことで愚痴を言われても、頭を下げていないといけないですよ。

耐えられなくなって、「こんなに頭を下げるなら、借りて返すほうがマシ!」と決して思わないことです。

利子を計算してみたりして、本来これだけ支払っていたんだ。

というようなことも日々考えながら過ごしていけば、少しは違うのではないかな?と思います。

そして、借金を返済し終わっても、マイナスがゼロになっただけで、プラスではないので、そこも勘違いしないことです。

出来れば、借金完済後も、暫くは親御さんに貯金が出来る状態まで、管理して貰ったほうがいいと思いますよ。

奨学金の締め切りはいつ?

家の事情により奨学金を借りたいと思っているのですが、やはり奨学金には締切があるのでしょうか?

家の年収は900万ぐらいですが、家庭状況がおかしく、難しい家庭です。

家の事情により奨学金を借りたいのですが今からでも借りることはできるのでしょうか?

家の年収は調べたところ4人家族で私立の大学生2人でギリギリのラインなのですが、家庭状況がおかしく、また、私は母からお金を40万ほど借りており、すぐに返していかなければ訴えられる状況です。

(警察にも今度2人でいく予定です。

)私の金銭の使い方にも問題があるかもしれませんが、部活動に所属しており、授業もあり、大学も片道1時間50分かかるのでアルバイトをしても時間がなかなか合わず返していくことは難しく、また、学生という最後の時なので友人や先輩、後輩との付き合いもあるので返済が厳しい状況です。

現在、大学4回生で就職活どうもほぼ終わりましたが、部活動と残りの単位取得に集中したいので、アルバイトももちろんしていきますが、厳しいと考えておりますので、大学の奨学金やもし他に何かあれば他の手段を使って返済していきたいと思っております。

・奨学金は今からでも借りられるか?

・他に方法はあるのか?

・奨学金を借りられるとすればいつからなのか?

本当に悩んでおりますので、何か知っていらっしゃることやいい案があればよろしくお願い致します。


学生支援機構が出してる奨学金が一般的なもので、締め切りは春です。

細かい日付は学校毎に違います。

それ以外に学校独自の奨学金や企業の奨学金もあります。

とりあえず、明日朝一で学校に聞いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

このページの先頭へ